モノづくり体験教室 ご意見板

令和2年度のモノづくり体験教室は、東大阪市と学校教育推進室、そして当機構と何度か話し合いの機会をもち、実施方法と予算案について検討してまいりました。

その結果、新型コロナウィルスの影響により、オンラインでの実施と決定いたしました。

 ただ、学校側の通信環境の整備がまだ整っておらず、zoomなどのライブ配信型の実施は難しく、動画(録画データ)配型での実施という方向で決定しました。

 

今回の新型コロナウィルスの影響で、小学校で推進すべきカリキュラムを、どのようなスケジュールで行なっていくかはまだ不透明な部分が多く、学校現場でもこれから手探りの作業となるようです。

そんな中でのモノづくり体験教室は、これまで総合学習の時間枠にて実施されてきましたが、その総合学習の時間枠をどれだけ確保するかは各学校長の裁量に任されているそうです。

しかしながら、今年度からキャリア教育の時間を各教科ごとに実施するという時間枠が追加されているそうで、そのキャリア教育の時間枠での実施も可能となるそうです。

 

また、講師の皆様におかれましたも、これまでと違って動画教材の対応を求められても対応に困られる講師の先生方もおられるかと思います。

そこで、まずは動画データ配信型で対応が可能なものか、また、どこまでのサポートがあれば対応可能かなど、講師の皆様のご意見をお聞かせいただきたいと思います。

 

現在、事務局側で想定しているサポートは下記のような感じです。

そのサポートがあるという前提で、下記の内容にお答えいただきたいと思います。

今年度の取り組みは、初めてのことばかりですので、手探りでの取り組みになりますが、できる範囲でできることを、マッチングしていけたらと考えています。

何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

NPO法人 東大阪地域活性化支援機構 事務局長

横田久美子

事務局からのサポート内容

  1. モノづくり体験教室事業内容の動画撮影
  2. 動画編集
  3. youtube限定公開での動画アップロード
  4. 各小学校への動画データの送信

※教材の発送は,講師の皆様から学校ごとに発送をお願いします。配送料はNPOにて負担いたします。

メモ: * は入力必須項目です