品川社長、モノづくり親善大使就任10年感謝状贈呈式

品川社長が、東大阪市のモノづくりの宣伝マン「東大阪モノづくり親善大使」就任10年を記念して、野田市長から感謝状をいただきました。

今回は、人工衛星「まいど1号」の開発プロジェクト発起人である青木豊彦氏と両名での贈呈となりました。

 

お二人は10年間、それぞれの講演活動等を通じて、東大阪のモノづくりの語り部として活動してこられました。

二人合わせて配った「モノづくり親善大使」の名刺は、なんと7万枚にものぼるそうです。

 

2019年に開催される花園ラグビー場でのワールドカップでは、大勢の来場者が予想されています。

それまでに、もっと東大阪のモノづくりについて知っていただき、東大阪の日技術について知ってもらいたいと語っていらっしゃいました。

 

まだまだこれからも、東大阪のことを知っていただくために、お二人とも頑張っていただきたいと思います。

 

▼品川隆幸講演情報はこちらをご覧ください。

 http://www.rodan21.com/講演活動/品川隆幸講演/

 

▼講演実績はこちらをご覧ください。

 http://www.rodan21.com/講演活動/品川隆幸講演/品川隆幸-講演実績/

 

▼品川隆幸historyを動画でご紹介

 やりたいことを極めた大人がカッコイイ!「覚悟の瞬間」

 http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=124


▼ロダン21 ビジネスコンサルティングプラン

マーケティングリサーチ、商品開発、販路開拓、リーダーの育成等、長期間にわたって改革にじっくり取り組みます。

商品化に向けて技術面、経営面で幅広いコーディネートを行います。

http://www.rodan21.com/事業概要/ビジネスコンサルティングプラン/