ロダン21新メンバー紹介


産経新聞掲載>異業種交流グループロダン21 20周年

東大阪異業種交流グループロダン21が、今年で結成20年を迎えます。

その軌跡を産経新聞に取り上げていただきました。

 

「異業種交流 多彩に 地道に 20年」

 

-----------------以下抜粋------------------

ものづくり中小企業の集積地として知られる東大阪市で、製造業を中心とした異業種交流組織から発展した株式会社「ロダン21」が12月で設立20周年を迎える。

東大阪ならではの「モノづくり何でも引き受けまっせ」を謳い文句に、試作品作りや製品開発のサポートなどに取り組んでおり、今後も新製品開発や新メンバー企業の発掘に精力的に取り組んでいくという。

続きを読む

品川社長インタビュー記事@商工月報7月号

品川社長インタビュー記事が、東大阪市商工月報7月号に掲載されました。

東大阪市商工会議所が毎年主催している、「東大阪産業展 テクノメッセ」について語っています。

 

 

「見せる展示」から「引き合いのある展示へ」

 

-----------------以下抜粋------------------

 

テクノメッセ東大阪には、年々、全国から新技術・新製品を探している来場者が増えきているように感じます。

それも「東大阪へ来れば、何かある」と思って頂いているからではないでしょうか。

社員のトレーニングと実践の場であるのも、展示会の魅力です。

続きを読む 0 コメント

東大阪市政だより掲載>(株)シナガワ&(株)ロダン21CSR経営表彰受賞

ロダンメンバーの(株)シナガワと(株)ロダン21が、東大阪市CSR経営表彰を受賞しました。

東大阪CSR経営表彰とは、市内の企業で社会貢献や雇用創出、環境への配慮など、CSR活動に注力している企業を知ってもらい、その価値を高めるための表彰です。

表彰分野は下記の3分野です。

  1. 環境
  2. 地域・社会
  3. 人権・労働

そして、評価の基準としては上記のいずれかの分野でのCSR活動と、良好な財務経営を両立していることが必要です。

 

<CSRとは?>

Corporate Social Responsibility

「企業の社会的責任」と訳され、企業は社会的存在として。最低限の法令遵守や利益貢献といった責任を果たすだけでなく、市民や地域、社会の顕在的、潜在的な要請に応え、より高次の社会貢献や配慮、情報公開や対話を自主的に行なうべきであるという考えのこと。

 

続きを読む 0 コメント

朝日新聞掲載>(株)荒木製作所様、2019年ラグビーW杯にちなんだマンホールを製作

東大阪市が2019年のラグビーW杯(ワールドカップ)日本大会開催にちなんで、ラガーマンをあしらったマンホールを製作。
そのニュースが6/28付の朝日新聞朝刊に掲載されました。


明日、7/1にその第1号がお披露目となります。

花園ラグビー場周辺に70個を設置される予定です。


このカラフルなマンホールを製作しているのは、ロダン21メンバーの(株)荒木製作所様です。

カラフルなマンホールのデザインは、花園ラグビー場が「高校生ラグビーの聖地」と呼ばれることにちなんで考えられたそうです。

このデザインを手がけるのは(株)荒木製作所の荒木社長自らです。


マンホールと言えばそのデザインを写真に撮ったりして集めるマニアも近頃は急増しているそうです。

そんなマニアにも、このラグビーマンホールは愛される予感がいたします。

続きを読む 0 コメント

日本経済新聞掲載_(株)シナガワ本社工場移転拡張

続きを読む 0 コメント