ロダン21新メンバー紹介


おもてなし規格認証2018 取得しました

おもてなし規格認証 2018(紅認証:べににんしょう)とは、サービス向上の取組に意欲的なサービス提供者の自己適合宣言です。

おもてなし規格認証は、日本のサービス産業と地域の活性化のために生まれました。

ロダン21では今年、取得いたしました。

 

以下の取組みについて、宣言しています。

 

・顧客満足

・従業員満足

・地域社会の満足を高めるために、「既に実施している取組」「今後実施したいと思う取組」

・情報提供に関する取組

・設備に関する取組

・職場などの環境改善に関する取組

・業務の改善に関する取組

・ツールの導入・用意に関する取組

・顧客理解・対応に関する取組

・人材教育・育成に関する取組

 

「おもてなし規格認証」とは、サービス品質の「見える化」と、顧客・従業員・社会(地域)の満足を高め、発展させ続ける「プロセス」を目的としています。

 

中でも、今回取得した「紅認証」は、あくまでも自主宣言です。他社が認定してくれたものではありません

しかし、あえてそれを自主宣言することで、自社の目的として明確にしたいと思い、登録しました。

以下、「おもてなし規格認証」サイトからの抜粋です。

------------------------------------------

 

a. 「お客さま」の期待を元に、共に価値を創ること

サービス内容について事前にわかりやすく伝えるとともに、お客さまの期待を取り込み、サービス内容および提供プロセスに反映させることで、顧客の満足度向上を実現する。

 

b. 「従業員」の意欲と能力を引き出すこと

従業員の意欲や能力を発揮ないしは向上できる環境を整えることで従業員満足度を高め、高いサービス品質の提供を可能にすることで、顧客の満足度向上が実現する。

 

c. 地域・社会と共生していくこと

地域、社会に参画することで、地域・社会の声を取り込み、地域、社会の事業所への理解が進むことで、地域への貢献も視野に入れたサービス提供が可能となる。その結果、事業活動の持続可能性が向上する。

 

d. 継続・発展していくこと

サービス品質の向上および企業経営の改善追求に定期的に取り組むことで、変化し続ける顧客ニーズに応え、新たなサービス価値を生みだす枠組みが構築可能となる。また、事業者は、期待されるサービスの成果に向け、そのプロセスを明確化し管理し、継続的改善に取り組むことで、組織の継続的な発展が可能となる。

 

▼詳細はこちらをご覧下さい。

 https://www.rodan21.com/company/

 

▼「おもてなし規格認証」詳細は、こちらをご覧ください。

 https://www.service-design.jp

続きを読む

冬季休業のお知らせ

2017年も師走に入りました。

 

今年一年を振り返り、皆様には有形無形のご愛顧を賜りましたことを、改めて感謝いたします。

また来年も、気持ちを新たに皆様にお役に立てるよう、

精進して参りたいと思います。

 

■誠に勝手ながら弊社は、下記の通り冬季休業となります。

年始は1/9(火)からとなっております。

 

【休業期間】

●2017年12月29日(金)~2018年1月9日(火)

 

新年となりましても、変わらぬご指導ご鞭撻のほど、

よろしくお願いいたします。

続きを読む

役員変更のお知らせ

謹啓 初冬の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて 私儀

この度 代表取締役社長を退任し 代表取締役会長に就任いたしました。

社長在任中は公私ともに格別のご懇情を賜りまして、誠に有難く厚くお礼申し上げます。

なお、後任社長に横田久美子が就任いたしましたので、今後とも、私同様ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

まずは略儀ながら書中をもちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます。

 

謹 白

平成29年11月吉日

株式会社 ロダン21

代表取締役会長 品川 隆幸

続きを読む

夏季休業のお知らせ

弊社では下記の期間、夏期休業とさせて頂きますので、

ご案内申し上げます。

休業期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、

何卒よろしくお願い申し上げます。 

 

<夏期休業期間>

2017年8月14日(月) ~ 8月16日(水)

 

※8月17日(木)から平常どおり営業いたします。

小学館文庫「東大阪元気工場」ラスト販売のお知らせ

2003年に出版された、品川社長の著書「東大阪元気工場 (小学館文庫)」が、この度

絶版となりました。

しかしながら、まだ弊社に若干の在庫がございます。

「東大阪元気工場 (小学館文庫)」を読んでみたいという方は、下記のページよりご購入いただけます。

 

この本が書かれた2003年には、ITバブル崩壊後の不況が背景にあり、まだ異業種グループで共同受注を

行うということが目新しい時代でした。

まだネットが今ほど普及しておらず情報が無いために、何かを作りたいという人にとっては、まさに

駆け込み寺のような存在だったのが、当時のロダン21でした。

とはいえ、駆け込み寺的存在というのは、実は今も同じく変わっていません。

むしろ「ネットで探しても見つからない」だからこそロダン21を訪ねてこられた、、、

そんなケースは今も続いています。

 

当時ロダン21に参画してくださっていたメンバーも、何社か紹介されています。

この中にはもうお亡くなりになった方や、廃業された方もいらっしゃいます。

時の流れを感じずにはいられません。

 

けれど、下記の第4章は今読んでもまた新たに刺激を受ける内容だなぁと思いました。

 

続きを読む 0 コメント